いつもより早い時間にベッドに入ったのに

いつもより早い時間にベッドに入ったのにすぐ眠れてしまうのは、逆に今まで睡眠が足りていなかったと分かるようです。
子供の頃は悪かったのに大人になってから眠りにつく時間は早くなりましたね。
早くベッドに入ると流石にそのまま眠ることは出来ないです。
ある意味これは正常なことだったので安心出来ました。
でもせっかく早めにベッドに入ったの夢をみて何度も目が覚めました。
長時間寝ているつもりだったのに、意外とそうでもないのかもしれません。
時間を無駄にしたような気がするのでやっぱりあまり早くに寝るようにはしないでおこうと思います。
しかも体が休まっていないような感覚もあったんですよ。
普通が一番!そしてルーティーンも必要です。

ネットの教育もするべき

スマホを禁止したのは大阪がはじめだったのに、解禁したのも大阪。
災害時に連絡が取れるようにというのがあるのはわかります。
だから会話とショートメールのみ携帯電話の解禁にすればいいのに。
ネットがつながるものを子供に与えたら、いじめに直結するし犯罪に巻き込まれることが増えるでしょう。
学校に持って行って先生に預けるとか、その管理の大変さだってある。
先生は大変な職業なのにこれ以上負担をかけるべきではないですよ。
スマホって高額なものなので持てない子供もいるでしょう。
子供の恥ずかしい気持ちを考えると可愛そうですよ。
でも実際に貧困層はいますからね。
持たすのであればネットの教育もするべきですが、ここでも学校への丸投げになります。

運転中の携帯電話使用

運転中の携帯電話使用について罰則強化をすることにしたそうですね。
これには大賛成だし、遅すぎたともいえます。
しかし僧衣で運転したことにより、「運転操作に支障がある衣服」と判断されて違反切符を切られた僧侶がいるというのには大きな疑問です。
「運転操作に支障がある衣服」ってサンダルだとダメというのを聞いたことがあります。
でも僧衣は僧侶の制服のようなものだし、一日に何件もまわるだろうからいちいち着替えていたら時間のロスでしょう。
しかも、「僧衣がすべて違反ということではなく状況にもよる」なんて解釈で違反扱いをされたらそりゃあ納得がいかないですよね。
曖昧にしておきながらノルマ達成のためにあるようなものですので反対です。

寄りにもよって・・・

寄りにもよって鼻の真ん中にできた吹き出物がなかなか治りません。
一見、治ったようにも見えるけど赤くなったままなんですよ。
頬ならともかく鼻なので恥ずかしくて仕方がありません。
高くても良いからそれが治るようなものが欲しいと思ってネット検索をしました。
どれもこれも効く人もいれば効かない人もいる。
試すしかないんですよね。
配合されているものに焦点をあてて買いに行ったら見た目がそっくりで何が違うのかわからないパッケージだったんです。
携帯に正式名称をメモして行ったのにその文字がない。
二つ並べても違いが分からないなか200円くらい安い方にニキビ跡にってあったからそちらにしたんです。
帰宅してネットで見たら違う方でいした。
柄の中に探していた名称が書かれていてがっかりです。

いつもと違うこと

いつもと違うことをすると、それがことごとく良くない結果になってしまいます。
スイーツとか滅多に買わないけれど、このどんよりとした気持ちをあげるためには良いかなと思っていつもはいかないコンビニに行きました。
そしたら数か月前にはあった、スティック状のチーズケーキがなくなっているじゃないですか。
事前にHPを見たときに今までなかった抹茶味があって、マカロン風のものがあって嫌な予感はしたんですよ。
新作が出るのは仕方がありません。
スイーツは諦めて、こちらもあまり買わない冷食を購入しました。
そしてお会計。
最近使っているカードが通らなくなっていましたが数字で入れてもらうことができました。
しかしそのコンビニは支払いは出来なくて現金払いになりました。
ポイントももらえずイラっときました。

夏は大嫌い

秋の足おとを確実に聞いている、今日このごろです。
春の花粉症よりも秋の花粉症の方がつらい私の鼻も、察知していますよ!
あと、季節ごとに変わる自分の体調の変化もありますね。
肌の乾燥具合もそうだしかゆくなる箇所も違うんですよ。
夏の方が暑いし汗はかくしでイライラも加わってかゆくなるような気がします。
でも、秋とか冬の方がかゆさは強いような気がします。
アトピー性皮膚炎だから年中かゆいですけどね。(笑)
かゆい場所と荒れ具合で、これこそ寒い季節の肌なんだなと歳をとってから気が付きました。
遅い!遅すぎる!(笑)
まあ、対策なんてできないのでかかないようにすることくらいしかできませんね。
夏は大嫌いなのでこっちのかゆさの方がマシです。

「コーヒーが冷めないうちに」

「コーヒーが冷めないうちに」が映画化になったそうですね。
この原作本を読んだときは、初見の作家さんであまり良い印象はなかったです。
短編の連作だったのでこの話しは良いな、というのはありました。
でも全体的には好きではないです。
映画の完成披露試写会もネット記事を見たら、女の子がいるはずなのにいないのがちょっと気になったことがありました。
もしかすると試写会に来ていなかっただけかも?と思ってHPも見たけどいないキャラクターがいたんです。
うーん。女の子が好きとか嫌いとかじゃなくて物語には必要なキャラクターだったのに。
HPにだけないなんてありえない子。
ということはカットされたのかなと。
まあ、どちらにしても見る気はないのでとやかく言う資格はないですね。

今年の暑さは普通じゃない

今年の暑さは普通じゃない。
だから食べ物を冷蔵庫に入れているからといって安心はできません。
冷蔵庫はいつも通りではだめなんです!
10秒あけるだけで冷蔵庫の中はなんと1.6度も上昇してしまうそうです。
これをもとに戻すには30分かかります。
冷蔵庫を開けっぱなしにしないというのは分かっているつもりですけど、夏はとくに気を付けないといけませんね。
暑いので買い物にいかない→冷蔵庫の中にものをパンパンに入れてしまう。
これもよくないんですね。
自分は気を付けていますが家人が開けっ放しにしているとイライラします。
でも口うるさく言うとうっとうしいと思われちゃうんですよね。
食べ物が悪くなると家の中の人が被害にあうのに。
みんなで気を付けていきたいです。

カタチにとらわれる

ヘアカタログに載っている女性たちはみんな美人さんで、「この髪型にしてください」なんて恥ずかしくて言えません。
だって自分とか顔が全く違うんですからね。
髪質のこともあるけれど、この人たいになれると思われるのも嫌です。
もうちょっと一般人よりの人にして!とか思うわけです。
でも先日、ライターさんが口紅のレビューをネットにあげていたんです。
口もちょっと・・・だったし、なによりも腕!
アップにしているし画質が良いカメラだと産毛がいっぱい見える。
汚いのでレビューの内容なんて頭に入りません。
もっと綺麗なのにしてよ!と思ったときに、ハッとなりました。
顔だと綺麗じゃない方がいいとかいいながらって。
肌と顔は違うけど勝手な言い分だったなと反省しました。

良心は痛まないのか?

お金が嫌いな人なんていないでしょう。
私もお金が欲しいですよ。
でもずるいことをしてお金を手に入れるのはいいことではないし、罪悪感が伴いますよね。
熊本自身で被災地支援に行った宮崎県の職員が舎内の家電や家具をリサイクル店に転売していたそうです。
それだけではなく身分を偽って購入したものまで転売して利益を得ていたことが発覚しています。
全額返金の上で懲戒免職した31歳。
せっかく県の職員という仕事があったのにそれを失うどころか犯罪者として報道されてしまいこからの人生はどうなるんでしょうかね。
お金はほしいけれど、ずるいことをして味をしめてやめられなくなるということはあるのでしょうか。
私は小心者なので発覚が怖い毎日のほうが嫌ですね。