[セイレーンの懺悔]

[セイレーンの懺悔]中山七里さんの作品を読みました。
まず、主人公の朝倉は中山さんが度々出すテレビ局の報道の女性です。
新人ですがそれよりも何よりも、あまり好きなキャラクターではないですね。
警察とマスコミの違いが度々出てきて、ハイエナ扱いされています。
発言が青臭いのは若さと新人だから仕方がないのかな。
この事件は警察側から見た方が面白そうだったけど、それだとすぐに犯人がわかっていたことになるし微妙かな。
もともと、報道側からの話しってだけで微妙な話しになりそうな予想はしていました。
マスコミに人生を狂わされる人はたくさんいるし、それにのっかる市民もたくさんいる。
イヤミスじゃないんだろうけど、読後も最悪でした。

コメントは受け付けていません。