厄年をどうするか

男性と女性には別々にやってくる「厄年」
私は厄年に対してなにもしませんでした。
一応、前厄の時も本厄の時も後厄の時も、気にはしていたんですよ。
気にしていたまま過ぎてしまいました。
今度その悩みに直面する、後輩薬剤師Qちゃんがどうしたら良いですかってみんなに言っていたんです。
どうやるかとか、後厄の方が気を付けた方が良いなどなど。
私は何もしなかったと言った後に、何もしなかったからこそまだここのいるのかもしれないと気が付きました。
何もせず、何の不幸もなかったという意味でいたのに、それ以上の求めていた幸せはなかったわけですからね。
信じる人がする厄払いも、どっちでも良いんじゃない?なんて言える立場じゃないですね。

コメントは受け付けていません。