石の繭

『石の繭 警視庁殺人分析犯』を読みました。
原作は麻見和史さんで初読み作家さんです。
主人公の如月塔子は、父親も警察官でした。
殺人事件が起きてその犯人が会議中の警察に電話をかけてきます。
塔子が電話対応に選ばれて捜査がはじまる、という話しです。
意外な展開がいくつかあったので、このシリーズをもっと読んでみようと思いました。
まあ、ただ、一回読んだらもう良いかなって感じはしますけど警察が犯人を追う殺人モノってそんなもんですしね。
殺人犯は置いておくとしても、登場人物に嫌な人もいないし次作も期待が出来ます。
ただ、監禁されていた人はもっとトラウマになると思うんだけどなぁと思いましたけど最後の締めくらいだったらページ数がなかったのかな。(笑)

コメントは受け付けていません。