カタチにとらわれる

ヘアカタログに載っている女性たちはみんな美人さんで、「この髪型にしてください」なんて恥ずかしくて言えません。
だって自分とか顔が全く違うんですからね。
髪質のこともあるけれど、この人たいになれると思われるのも嫌です。
もうちょっと一般人よりの人にして!とか思うわけです。
でも先日、ライターさんが口紅のレビューをネットにあげていたんです。
口もちょっと・・・だったし、なによりも腕!
アップにしているし画質が良いカメラだと産毛がいっぱい見える。
汚いのでレビューの内容なんて頭に入りません。
もっと綺麗なのにしてよ!と思ったときに、ハッとなりました。
顔だと綺麗じゃない方がいいとかいいながらって。
肌と顔は違うけど勝手な言い分だったなと反省しました。