披露のタイプ

あなたはどのタイプの疲労?
疲れ方は人によって違います。
15歳から65歳の3人に1人が慢性的な疲労を抱えているとされています。
自分の疲れがもっともわかるタイミングは・・
起床したとき、昼食後、寝る直前など
私は起床後かなですね。
正解は起床後でした!
何も考えていないときに疲労の残り具合がわかる。
疲労の長期化には脳卒中や心筋梗塞につながる
疲労には二つのタイプがあります。
交感神経から空回り型
責任感が強い、よく興奮する、緊張しがちの人。
・ストレッチで血流改善をする方法が一番良いでしょう。
自律神経パワーダウン型
ぼーっとしがち、元気がないと言われる、起きるのが億劫の人
・しっかり体を休ませる日をつくることが大切です。