血圧測定の新常識

血圧が正常でも脳卒中になる人が増えてきています。
血圧計を普通に測るのとは違う方法で、脳卒中体質化どうかを判断できます。
立ってはかると115、一度立ってみてすぐに座って測ると115。
脳卒中体質ではない場合は二つとも血圧は同じなんです。
しかし、脳卒中体質の人は立ったあとの血圧が高い。
この人の場合は血圧変動タイプといいます。
このタイプの人はちょっとしたことで血圧が変動してしまうので、脳卒中にリスクが高い。
血圧変動タイプは普通に測ったより15mmHg以上上がる、15以上下がる人です。
夜寝る前と朝の方が15以上高い場合は注意が必要です。
血圧なんて一回測ったらそれが自分の血圧の状態だって思いますよね。
まさか少し立って座っただけで血圧が変動するなんて驚きです。