腸の不調

季節の変わり目には体の不調が出やすくなります。
この時期では腸の不調が原因が多くなることがあります。
朝晩の寒暖差が10度以上あったりすると
急に冷えると腸に負担が増える
腸に行く血流量は温度差によって変化する
腸の動きが悪くなると停滞腸 ペンピや下痢になる
お腹にガスがたまりやすくなり、トイレで出にくくなると血流によって全身に回ってしまうと皮膚が荒れてしまうことがあります。
腸の中にベンが長く貯まってしまうとただの便秘の苦しみだけじゃないんですね
さらに肩こりや頭痛になる人もいます。
停滞腸によって血流に乗って代謝産物が流れてしまう
自律神経の乱れを起こす
必要もないのに体に緊張を与えてしまう
腸の働きは消化、吸収、免疫
腸ではそれが栄養なのか独なのか判断しています。
防衛の最前線の腸の働きで停滞すると抵抗力がなくなりインフルエンザなどになります。