地元で譲り合い

地元で譲り合い、ジモティ♪
このCMを最近よくみかけます。
地元同士なら、直接会って商品を渡したり金銭のやり取りが出来て簡単ですね。
しかし、それって大丈夫なんですかね?
少なくとも女性としては、その人と会うときにはひとりで行くのは良くないなと警戒心がわきます。
例え相手が同性で女性だったとしても、相手が女性だけでくるとは限りませんよ。
どんな繋がりが出来るかわかりません。
もしかすると相手を不快にさせたりして、ちょっとしたいらずらとか復讐とかされても犯人はすぐにはわからないでしょう。
ちょっと心配しすぎですかね。
10代、20代の若い子にはとくに注意して欲しいなと思っちゃいます。
直接アドレスを教え合わないような仕組みだとは思いますが自衛は必要ですよ。

一番嫌いな生き物

この世の中で一番嫌いな生き物がいるんです。
けろけろなくあいつです。
ソレが網戸と雨戸の間にいたときには本当にゾッとしました。
部屋側ではなく外なんですけど、ちょっと刺激をあたえれば出ているところにはいないんですよ。
どう考えても網戸を開けないと遠くにはいかないようなところにいるんです。
父親に頼みましたが本当におそろしい生き物ですよ。
これ、私ひとりの力では本当に無理な案件です。
咳とか大袈裟でうるさいし、少々邪険に扱っていいることが多い父ですが非常に助かりました。
こんなときだけ頼るのは申し訳ないけど本当に本当に助かりました。
こういう相手が一緒に住んでいてくれないと困ります。(笑)
世の中の悪からは必要ないけどあいつからは守って欲しいです。

広告トラブルの話題

広告トラブルの話題について。
無料と聞いていたのに、いきなり請求書が送られてくるんだとか。
契約書に小さい字で書いてあったって。
これさ、不運だとは思いますよ。
でも契約書に書いてある以上は騙された人も悪いと思いますよ。
ネットでも解約連絡がないと有料に切り替わるってありますよ。
通販で定期契約としてよくみかけます。
だからよく読んで、騙されないようにします。
契約書がないネット販売でも騙されないようにしないといけない世の中ですからね。
知らないう無知は最大の恥です。
そしてタダこそ怖いものはない。
裏の裏があるんじゃないかとある程度は疑って、ネットで評判を検索してみるとか知人に相談までもいかなくても話題にしてみるとかいろいろ方法はあります。

必要な女性がいる商品

ブーバンド、というものをネットで見かけました。
女性が胸の上にそのバンドを巻いています。
バストが大きい人はそのバンドを巻けば運動時に起こる痛みがおきないという画期的なバンドです。
正直に言って激しい運動をする予定のない、そしてサイズ的にそこまでするほどの大きさがない私には必要のないものです。
でもコレを見て、思春期で気にしている学生さんやアスリートにはとても良いものじゃないかと思いました。
中学生の時に私の友達でも悩んでいる子がいました。
その当時によくテレビに出ていた巨乳タレントと苗字が同じだった事から余計に男子からからかわれていました。
大きくて羨ましいと思う年ごろでもなかったので、不憫だなと思っていました。

白いものがポツポツ

いつの頃からか顔に数か所、白いものがポツポツと出来てきました。
吹き出物の前兆にしては痛くもかゆくもありません。
なんなんだろうとは思ったけどれど、ただそこにあるだけで大きくもならない。
ネットで調べたら『稗粒腫』というものらしいです。
症状も一致しているし、症例として出ている写真も同じでした。
なんで出来るのか不明なものであり、防ぎようがないとか・・・・
いったい、なんなんでしょうね。
とりあえず、良性のものだということは分かったけれど、顔に出来るので困ります。
ただでさえ自信のない顔面なのにこれ以上悩みが増えるのはやめて欲しいです。
なんだか最近、いいことがないなとか落ち込んでしまいます。
直せないしこまります。

裾上げをしたら失敗

はじめてロングガウチョの裾上げをしたら失敗しました。
まずはじめに、切りすぎた。
そして左右も違う。
まあ、ロングだしヒラヒラしているから多少は気にしない!
裾上げテープも初挑戦で四苦八苦。
片方だけ、ようやく終わったところで続けるか試着をするか。
疲れたので試着をしようと思って立ち上がってから最大のミスに気が付きました。
裏返して裾上げテープを貼り付けしたつもりが表だったんですよ。
急いで剥がしましたが粘着性は薄れてしまいました。
両方やったあとに全てやり直しよりはマシ!となんとか自分の気分をあげようとしましたが、やっぱり倍疲れましたね。
そして最終的には裾上げテープが少し足りない。
そこだけ縫おうかなと思っています。

日焼け止めは・・・

日焼け止めは薄く一度塗りしただけでは効果がない!
一度塗ってベタベタ感が解消されてからもう一度塗るべきで、一回に塗る量は500円玉くらい。
2、3時間ごとに塗りなおしをする。
汗をかいたり、顔を掻いたり触ったりするだけで落ちるし、日焼け止めは紫外線に当たると量が減ります。
曇りがちでも関係なく外出しなくても屋内でも紫外線は浴びてしまう!
擦ったり、たたき込むような塗り方はよくない
正しく塗っていると1か月で1本使い切る
ビタミンCが多いオレンジはだめ!
ソラレンというのがあり摂取して日に当たると紫外線の影響を受けやすい。
柑橘類、セロリ、パセリは夕方から夜に食べるべき。
抗酸化作用の高い成分、緑黄色野菜や旬の食べ物は朝に食べるべきです。

石の繭

『石の繭 警視庁殺人分析犯』を読みました。
原作は麻見和史さんで初読み作家さんです。
主人公の如月塔子は、父親も警察官でした。
殺人事件が起きてその犯人が会議中の警察に電話をかけてきます。
塔子が電話対応に選ばれて捜査がはじまる、という話しです。
意外な展開がいくつかあったので、このシリーズをもっと読んでみようと思いました。
まあ、ただ、一回読んだらもう良いかなって感じはしますけど警察が犯人を追う殺人モノってそんなもんですしね。
殺人犯は置いておくとしても、登場人物に嫌な人もいないし次作も期待が出来ます。
ただ、監禁されていた人はもっとトラウマになると思うんだけどなぁと思いましたけど最後の締めくらいだったらページ数がなかったのかな。(笑)

いつもより早い時間にベッドに入ったのに

いつもより早い時間にベッドに入ったのにすぐ眠れてしまうのは、逆に今まで睡眠が足りていなかったと分かるようです。
子供の頃は悪かったのに大人になってから眠りにつく時間は早くなりましたね。
早くベッドに入ると流石にそのまま眠ることは出来ないです。
ある意味これは正常なことだったので安心出来ました。
でもせっかく早めにベッドに入ったの夢をみて何度も目が覚めました。
長時間寝ているつもりだったのに、意外とそうでもないのかもしれません。
時間を無駄にしたような気がするのでやっぱりあまり早くに寝るようにはしないでおこうと思います。
しかも体が休まっていないような感覚もあったんですよ。
普通が一番!そしてルーティーンも必要です。

ネットの教育もするべき

スマホを禁止したのは大阪がはじめだったのに、解禁したのも大阪。
災害時に連絡が取れるようにというのがあるのはわかります。
だから会話とショートメールのみ携帯電話の解禁にすればいいのに。
ネットがつながるものを子供に与えたら、いじめに直結するし犯罪に巻き込まれることが増えるでしょう。
学校に持って行って先生に預けるとか、その管理の大変さだってある。
先生は大変な職業なのにこれ以上負担をかけるべきではないですよ。
スマホって高額なものなので持てない子供もいるでしょう。
子供の恥ずかしい気持ちを考えると可愛そうですよ。
でも実際に貧困層はいますからね。
持たすのであればネットの教育もするべきですが、ここでも学校への丸投げになります。